マラソンの当事者研究

令和(2019年5月)から本格的にマラソンを始めた30代男による練習・レース記録および考察・内省の記録です。

【週報】勝負して潰れる 練習記録 (210322〜210328)

更新が滞っています(2021.4.11記録)。新年度に入ってから物理的に忙しく、ブログの更新がままなりません。コロナのことも合いなって、精神的にも肉体的にも苦しいです。

練習記録のアクセスは大会の記録に比べると、アクセス数が少ないので、そんなに気負う必要もないのかと思います。人の練習記録ですし、私自身は速くないランナーなので当然ではあるのかなと分析します。しかしながら、私はこの記録をつけ続けることに、ランナーとして、成長する鍵があると考えていますし、いつかそれを学術的な研究として昇華したいと考えています。

f:id:Stinger:20210411143513j:plain

なにわ淀川マラソンの振り返りは近いうちに!

今週の練習(と本番)

3/22 (月) 

 ギア:GT2000-9

言及しているように、左膝や股関節の動きがよくなく、苦しい状況でした。

3/23 (火) 

ギア:NIKE React Inifinity Run

この日は動きが良かったです。この調子なら...と思っていました。

3/24 (水) 

 ギア:NIKE Pegasus Turbo 2

この日は仕事で山に登っていました*1。そこで、ロープを伝って上り下りをしたのですが、それがかなり脚にきてしまったようで、痛みがぶり返してしまいました。

Twitterの投稿にあるように5kmでTペース(3'45"/km)で走る予定でしたが、全く脚が動きませんでした。

3/25(木)

この日も大変忙しく軽く走る程度に留めました。痛みが出てしまっていたので、ストレッチを入念に行いました。今更感がありますが。。。

3/26 (金)

 ギア:NIKE Pegasus Turbo 2

「左脚さえ何とかなってくれれば」まさにその通りで、動かすのが正直辛かったです。刺激もTペース程度までしか上がらず...不安しかなかったです。

3/27 (土)

何もせず(仕事はしました)、休養に充てました。翌日のプランを立てたり、雨対策で必要なものを購入しました。

3/28 (日) 

 ギア:HOKA ONE ONE Rocket X

詳細はまた後日。ラップを見た方の感想として、サブ3だけはというのが伝わりました(ざっくり要旨)といったものが何件かあり、見てくださっているんだなと感動していました。こうした方のおかげで自分は走ることをやめないのだと思いました。大会自体は雨が降る中でしたが、一番きつくて、一番楽しい大会でした。

全体の内省

  1. スタート地点に万全の状態で上がるのは改めて難しい
  2. 思い切って休んでいれば、結果は違っていたかも

1.については、今シーズン、どの大会でも万全の状態で上がれた大会はなかったように思います。8月〜10月は左膝の靭帯が、11月〜1月は右脚にシンスプリントが、で現在は股関節を痛めています。走り方がよくない、また練習強度を上げすぎている、といったことがひとまず挙げられると思いますが、前にも書いたように一度フォームやバランスを診断してもらう機会を作り、来シーズンに向けて身体を作り直していく必要性を感じ取りました。

2.については、来シーズン、もし同じ状況に遭遇した時の対処法です。故障を抱えた状態でレース直前を迎えないことに越したことはないですが、ダメであれば、ダメなりの方法があるかと思います。練習をしがちで、それで左脚を余計にボロボロにしてしまっていた感はありますので、今回脚がボロボロの状態で出たことに後悔はありませんが、今後改善策として念頭に入れておこうと思います。

-----

3月のなにわ淀川マラソンを以って、今シーズンのレースは全て終了しました。残念ながら、脚の状態がよくないので、しばらくはジョガーで過ごすことになりますが、走ることを楽しみつつ、来シーズンに向けて虎視淡々と機を狙おうと思います。

*1:研究職ですが、研究ばかりしているわけではなく、所属先の行事などそうしたことも立派な仕事です。この日は学生の行事のための仕事でした。

【週報】脚の状態が不安ですが、楽しんできます 練習記録 (210315〜210321)

f:id:Stinger:20210327201201j:plain

左脚の状態が思わしくありません。治療にも行っていますが...どうなることやら

先にざっと振り返ります。

今週の練習

3/15(月)

完全休養にしました。ハーフのダメージが思ったよりも残っており、左の腸脛靭帯から、股関節まで痛みがある状態でした。治療に行き少し楽になりましたがとりあえず無理をしないように今週のポイントはしないようにすることを決めました。体幹を行わず、ストレッチ程度に留めました。

3/16 (火)

ギア:asics GT-2000 9

記述の通り、左脚への不安がある感じでした。

3/17 (水)

ギア:NIKE React Inifinity Run

この日は、ポイントは回避して間違いなく正解だったと思います。この日は左膝に強い違和感があったため、軽めの練習にして筋膜リリースに注力しました。

3/18 (木)

ギア:asics GT-2000 9

股関節の詰まりを感じたのがこの日でした。痛みはなかったものの、1時間が長く感じられました。

3/19 (金)

 ギア:NIKE React Inifinity Run

この日は45分、テーパリングという体もありましたが、走る時間が短いことにホッとしたというのが正直な気持ちでした。休みでも良かったのかもしれません。

3/20 (土)

ギア:HOKA ONE ONE Rocket X

3/28(日)のなにわ淀川マラソンでRocket Xかadidasのadizero adios Proどちらを履こうか迷っていたのですが、履きやすさからRocket Xにしようと決心したのがこの日。余裕があれば15km走る...?と考えていましたが、軽く左脚に痛みがあったので終了しました。

大体こういうペースランニングをする際は、10kmの場合、5kmくらいまでは少し苦しくて最後の2kmくらいがとても楽なのですが、この日も同じような感じでした。この最初のしんどいを我慢する練習と考えれば、練習の目的は果たせたと思います。

3/21 (日)

雨のため、完全休養にしましたが、股関節が詰まり気味だったので、ストレッチを多めに入れました。体幹系は特にやらず。

全体の内省

  1. この時点で、左脚の違和感は残っている
  2. 違和感があったためにポイントを入れなかったことは判断として良かった
  3. 気持ちとしては焦りがある

このブログを書いているのが3/27(土)なのですが、明日(3/28)になにわ淀川マラソンを控えています。それも踏まえた上で書くと、現段階で、左脚の違和感に対する不安があります。特に股関節周りがあまりよくなく、治療にも行っていました。

中途半端に走らず、思い切ってランオフにした方が良かったのではと思いつつも、ランオフによるパフォーマンスの低下を恐れてしまい、直前にそれをするのは...と思い、ランオフにはしませんでした。前日(3/26)の練習では、ほぼ違和感がなかったので、今日完全休養として、明日なんとか走れることを祈るばかりです。天候が雨で風もありそうなのも気がかりですが...

ただ、不安ばかり吐露していても仕方ありません。明日は今シーズン(2020-2021)の最終戦です。開催されることを喜び、どんな結果になろうとも、走れることを楽しみたいと思います!

【週報】挑戦した先に見えるもの 練習記録 (210308〜210314)

f:id:Stinger:20210321153929j:plain

挑戦することに意義がある、そんなことを感じた1週間でした。

今週の練習

3/8 (月)

完全休養。前の土日が30km走と90分LSDでかなり疲労が残っていたので,軽い体幹強化に留めました。左腿に張りがある感じでした。

3/9 (火)

ギア:asics GT-2000 9

左膝に違和感があるような走り。流しも無理せず軽く動かす程度にしました。

3/10 (水)

ギア:adidas adizero adios Pro

週末のハーフに向けて、アディオスプロを初投入。最初は、接地感覚がわからず、フワフワした走りになりましたが、少しずつ踏み込みを強くしていき、カーボンの力も借りて、楽に3'30"ペースで走ることができました。期待通りの素晴らしさです。調整として良い刺激になったのではないかと分析しています。

3/11 (木)

ギア:NIKE React Infinity Run

左側の調子が良くなかったので、流しもせず音楽を聴きながら軽くjogする練習としました。

3/12 (金)

この日、名古屋に移動しました。雨が強かったため、jogはおやすみにしました。代わりに移動で歩き、25,000歩ほど歩いたので、良いアクティブレストにはなったのかなと思います。

3/13 (土)

ギア:adios Pro

詳細は別記事でまとめることにしますが、サブ80を狙ったものの半分すぎで潰れてしまい、記録を更新できなかったネガティブな気持ちと最後まで粘りきれたというポジティブな気持ちがあります。今回は、リタイアしなかったことを素直に評価したいと思っています。また、会いたいと思っていた人たちにあって、走ることで時間を共にすること、この一瞬一瞬がかけがえのない思い出になりました。ありがとうございました。

3/14(日)

ギア:React Inifinity Run

身体のダメージが左側を中心に残っていたので、ゆっくりと。フォロワーMさんのライフヒストリーを聞きたいなと思っていましたが、全然話足りないまま終わってしまいました。ランニングにハマるきっかけを聞くのは面白いですし、自分の練習へのモチベーションにつながると感じた次第です。

全体の内省

  1. 調整を行った上で、自己ベストを更新できなかったことに対して悔しさはあるものの、挑戦したことに対しては後悔していない
  2. 粘り切れたことに対して、そのメンタルの強さを素直に評価したいと思う
  3. ハーフTTを通して、左側にダメージがあるので、そのケアに努めたい

1.については、サブ80を狙って、挑戦しましたが結果は自己ベストにも及ばない81分後半という結果でした。これについては、別の記事で自分の言葉で感じたことを別途まとめたいと思います。

2.についても、1.と同じで別途まとめる予定ですが、やめようと思っていたところで粘り込めたのが今後のレースにもつながると感じています。

3.については、疲労の蓄積か、左の膝、太腿、股関節にダメージが残っています。うまく動かせない感覚が時折あり、練習について、マズイなと思っています。テーパリングとしては、強度や頻度を落とさず、量を抑えることがポイントとなりますが、ポイントの回数は抑えるようにし、身体への負担を軽くし、回復を図ります。

 

うまくいかないなりに成果が見えたハーフマラソンのタイムトライアル。

3/28に向けて、失敗を分析し、より良い走りにつなげていきたいです。

【週報】今シーズン(2020/2021)ラストの30km走。終わった後の謎の開放感 / 練習記録 (210301〜210307)

f:id:Stinger:20210308212628j:plain

花粉症で調子は今一歩ですが、良い感じで走り込めています

今シーズンの最終戦にしようと思っている、なにわ淀川マラソン(3/28)まで3週間となりました。そこで定番(?)の30km走を行いました。翌週(3/14)にハーフマラソンのTTを行うため

  • 無理をしない
  • 自信をつける

ペースで走りました。生温いペースかもしれませんが、過去これまでのマラソン練習で30kmを目標とするマラソンペースで走ったことはありません。ですが、結果をそれなりに残しています。うまくいかなかった時には改善の材料にしたいと思います。

今週の練習

3/1 (月) 完全休養

デスクワークの仕事が大詰めで肩周りが特に凝っていましたので、ストレッチや体幹レーニングを行いました。

3/2 (火)

ギア:asics GT-2000 9

誕生日でしたが、特別なことは特にせず。

前々日に30km走を行い、練習後左膝の外側が張る嫌な感じでしたが、それは消失しており、一安心しました。

3/3 (水)

ギア:NIKE React Inifinity Run

この日も仕事が忙しく、当初この日に赤穂に行ってオンラインマラソンをしようと思っていたのですが、事前にわかっていたので、日にちをスライドして翌日(3/4)に実施しようと決めていました。そのため、軽めの繋ぎjogにしました。

3/4 (木)

ギア:HOKA ONE ONE Carbon Rocket

赤穂シティオンラインマラソン、実施。現地でアプリを使っての計測というルールですので、それに従い、60分間走をしました。キロ4で15km、余裕でしょと思っていたら、仕事の疲労感からアップの時点で呼吸が上がっており、不安なスタート。

なんとか通せましたが、本当に「なんとか」という程度の低さに少しショックを受けました。3/28のマラソンのことを考えると16℃くらいは想定される気温なので、これくらいのコンディションは想定しないといけません。不安になりましたね。

3/5 (金)

翌日に距離走をしましょうとラン友さんからお誘いを受けたので、走るか迷いましたが、前日のキロ4ペースランニングのダメージに鑑み、休養として回復に努めました。

3/6 (土)

ギア:NIKE Pegasus Turbo 2

アップの時点では、臀部に張りが残った状態で嫌な感じでした。走り始めてからは、ラン友さんと会話をしながら、飛ばしすぎないようセーブしました。4'30"で見積もって、-5秒くらいのラップで動くことは想定し、やはりその通りに動きました。GPS捕捉しづらいところもありますので、ペースの揺れがあるように見えますが、一定のリズムで走る練習としては良かったと思います。ラストは少し上がり気味だったのはご愛嬌です。良い練習ができました。

ちなみに、この日はあと30分遅かったら、日差しが照り、突風も吹いていたので、良いイメージで終わるのが難しくなっていたかもしれません。

3/7 (日)

ギア:NIKE React Infinity Run

強度高めの練習をすることも可能でしたが、無理をする時ではないと判断し、気持ち良いペースで走りました。ただし、心拍は高かったので疲労感はやはりあったみたいです。

全体の内省

  1. (今週に限ったことではないですが)計画的にロング走を実施できている(苦手なロング走の実施回数が増え自信がついた)
  2. 身体の痛み(特に股関節あたり)は改善気味。引き続き注意する

1. については、前回の2020年12月のマラソンの練習では、10月〜12月までで30kmの練習がたったの1回だったのですが、今回3月に向けての練習では30kmの練習を4回実施しています。

  • 1/31 30km (avg. 4'51") 無補給無給水
  • 2/7 25km + 5km Build-up (avg. 4'27")
  • 2/28 21km + 9km変化走 (avg. 4'17") 無補給無給水
  • 3/6 30km (avg. 4'21") 無補給無給水

ペースは速くありませんが、これだけやってきました。実は一回頓挫してハーフで終わった練習もあるのですが、それは想定内で練習をそれなりにうまく積めていると自己評価しています。3/28のマラソンが終わったらしばらく30km以上走ることはないと思いますので、今回の練習が終わった時は謎の開放感、達成感でいっぱいでした。この練習を裏切ることがないよう、残りの調整期間も油断せずに練習を積みたいと思います。

2.については、左股関節に詰まりを感じることがたびたびあるのですがストレッチや周りの筋肉を鍛えるトレーニングを行っているお陰か、違和感はあまり感じられなくなりました。調整期間に入ったら練習時間を抑えることになるので、その分をケアの時間に当てたいと思います。

さて、今度の土曜日は愛知県にてラン友さんとハーフマラソンのTTを行います。雨が心配ですが、80分を切れるよう、これまでの練習の中間報告の場を楽しみます。

その翌日には、名古屋ウィメンズと名古屋シティマラソンがありますし、楽しみです!

【週報】○ 頑張る ◎ほどほどに頑張る 練習記録 (210222〜210228)

f:id:Stinger:20210301221513j:plain

2月の月間走行距離は369km。走行距離は普段見ません。

週末は記録ラッシュのびわ湖毎日マラソンでしたが、こちらは仕事でバタバタ。じっくりレースを見るのはもう少し後になりそうです。

ところで、練習メニューについては、試行錯誤しているのですが、今日ヒントになりそうなツイートがありました。見事びわ湖毎日マラソンでPBを更新された川内優輝選手(おめでとうございます!)のツイート。

練習メニューをトップレベルの選手が公開するのを最近よく見かけますね。こんな練習をされているのか!(マネではできないけど)と思っていたのですが、ジョグの考え方はどんな方でも参考になるのでは?と思いました。

・ジョグは4分50〜5分10/kmくらい

日本のトップレベルの方ですと、普段からキロ4を切るようなジョグなのかなと思っていたのですが、意外とそうでもないという。また、ポイント練習のツイートを見ても、レースペース(およそ3'00/km)を超えるインターバル系のトレーニングは思っていたよりは少なかったことが、興味深い発見でした。無論書くまでもなく、すでにスピードがあるプロランナーだから、という見方がありますし、市民ランナー全般にこの練習の考えが必ずしも当てはまるとは思いません。しかしながら、頑張りすぎる練習は考えものなのかなと川内選手のツイートから、考えた次第です。貴重な練習公開に感謝いたします。

今週の練習

2/22 (月)

ルーティンの休足。体幹レーニングのみ(プランク,HIITトレーニング,ケトルベル)

2/23 (火)

ギア:asics GT-2000 9

この日は祝日で、元々赤穂シティマラソンのオンラインマラソンをしようと赤穂に向かう予定でしたが*1、体調が思わしくなかったため、回避。軽めのジョグにしました。

2/24 (水)

ギア:adizero Boston 8 (W-Up, C-Down), adizero Japan 5 (インターバル)

高強度のインターバルの時でも、全力にならない、もがかないを頭に入れて走るようにしています。余裕を持って、できるだけ最初突っ込まずにじんわり上げていく、可能であれば一定のペースで走れるようにと思っています。リカバリーを400mと余裕を持っているのは、ダニエルズ仕込みです。

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

 

ダニエルズさんの練習メニュー(p. 63)では、jog3分と書いてるくらいで、3分だとさらにゆとりがある感じです。インターバルと言えば、割とリカバリーで200mとか,60〜90秒とかをよく見かけるのですが、それって頑張りすぎなんじゃないかな?と最近は思っています。逆に、リカバリー短めなのが良いとされる根拠(エビデンス)が知りたいくらいですね。

2/25 (木)

ギア:NIKE React Infinity Run

疲れは残っていませんでしたが、左の股関節に違和感がありました。無理しないスピードで。

2/26 (金)

ギア:GT-2000 9

この日も股関節の可動が良くない感じで、特に最後流した時に、うまく動かない自覚症状あり。走る前に四股を踏むような動作をしたり、伸ばす動作をして様子を見ました。

2/27 (土)

ギア:React Inifinity Run

強風でポイントがうまくいかず自信を失うのが嫌だったため、回避しました。また左脚に疲労感があったため、休ませることにし、翌日強度高めの練習をいれることを頭に決めていました。

2/28 (日)

ギア:NIKE Pegasus Turbo 2

調整jogで疲労が取れていたので、最初のハーフの設定が4'30/kmでしたが、本当にjog感覚で走れました。そこからの変化走も最初の1回目のMペースは苦しかったですが、あとは楽しく走れました。無理なく、30km完走できたというのが率直な感想です。

全体の内省

  1. 土日をセット練習から、日曜日のロング走のみにしたが、質の高い練習ができた
  2. 練習は順調、脚の状態を鑑みて、追い込みすぎない練習で

1. については、2月は1〜3週目は土日セット練習で行っていましたが、身体への負担が大きく、失敗もありました。今回はたまたま土曜日が強風だったので、回避して日曜日に集中して練習を行ったところ、納得のできる練習ができました。練習後、3時間ぶっ通しの会議に出られるくらいには余裕があったのが収穫でした。

2.については、左の股関節が詰まることがあるので、その点のケアを気をつけています。ちょうど去年(2020年)のこの時期に股関節を故障して、2ヶ月ほど棒に振ってしまったので、同じ轍を踏むまいとその時の状況を思い出しています。

そう、故障してしまった時も、やはり頑張りすぎが原因で無理をして故障してしまったので、少しでも嫌な痛みになってしまったら、強度を下げるか休むか、そうした勇気を持てるようにしたいです。

 

3月、年度末、良い形で終わりたいですね!

*1:この大会は現地で測定することになっているのです。面白い!

【週報】サブ80を目指します 練習記録 (210215〜210221)

f:id:Stinger:20210222230650j:plain

週末は隙間に練習という形でした

3月に一つレースを入れました。

フォロワーさん主催のハーフに参加します。前回は1月の終わり(緊急事態宣言下)であったため参加できなかったのですが、今回は緊急事態宣言が解除される見込みですので、万難を排して(と書くと大袈裟ですが)参加します。サブ80が目標で、会いたい人に会いに行く、これが主たる目的です。翌日には名古屋ウィメンズや名古屋シティもありますので、せっかくなのでつながりを持っている方となるたけお会いできると良いなと思います。無論、検温を実施し、(前文と矛盾するようですが)極力人混みを避け、少しでも不調を感じたら辞退しようと思っています。迷惑がかからないよう、できる範囲の注意は払う所存です。

ハーフの前走は昨年(2020年)10月のロケットマラソン。この時は(言い訳ではありますが)強風に泣かされ、81'16でした。その時優勝された楠本さん(よく練習会に参加させていただいています)はいつもより1, 2分遅かったとおっしゃっていたので、コンディションが整えば、サブ80も狙えるのではないかと思っています。

約1年ぶりに泊まりがけで遠征に出る予定なので、移動からくる疲れとか、はしゃぎすぎによる疲れとか(子どもか!)にも気をつけて、記録を取っていきたいと思います。

今週の練習

2/15 (月)

休足。左股関節に違和感があったため、補強とストレッチを多めに取り入れました。

2/16 (火)

ギア:asics GT-2000 9

2/17 (水)

ギア:NIKE React Infinity Run

天気予報では、風速10mの予報でしたので、ポイント練習は諦めて時間を決めて、ゆったりと走りました。普段は平日にこれだけの時間走らないので、新鮮な気分で楽しむことができました。風が強い日は雨が降っているのと同じような条件と考えて、あまり頑張りすぎないようにしています。

2/18 (木)

ギア:NIKE Pegasus 36

右のシンスプリントは大丈夫でしたが、左の股関節は詰まり気味な感じがしました。これはいわゆる「代償動作」なのかもしれません。つまり不調・故障部位を庇い、別の部位を酷使してしまうような状態なのかもと感じました(使い方が間違っていたらご教示ください)。

 2/19 (金)

ギア:asics GT-2000 9

特記事項なし

2/20 (土)

ギア:NIKE Pegasus Turbo 2

先週の同メニューでは、汗ばむ陽気で動きが悪すぎたため、失敗したくないと思い、様子を観ながら設定を下げスタートしました。ところが、前回は1本目からキツいと感じたのが、2本目が終わっても余裕(むしろ、動き良化)だったため、これは行けると思い、3'40"を切るペースで練習を行いました。最後は時計を見ずに走りましたが、刺激が入ってしまったのでしょうか、少し早かったかなと反省しています。

集団で写真撮影をしているグループにモヤモヤを感じつつ、練習終了。

2/21 (日)

ギア:adidas adizero Japan 4

ハーフの予定が15kmに。勤務が終わってから意識が飛ぶほどには疲労が蓄積されていたので、早く終わらせたいと思い、4'15設定が序盤から4'10を切るペースに。練習としては中途半端になってしまいました。

次の天皇誕生日に60分間走(赤穂シティマラソン)を実施するので、その練習にはなったと割り切ることに。あと、左股関節や右足のシンスプリントは全く違和感を感じずハッピーな気持ちになれました。

追記(210223):体調不良のため、3/3(水)に延期します。

全体の内省

  1. 痛みを感じずに走れたことに喜びを感じられた
  2. スケジュールの関係もあり、20km以上の長い距離を走ることができなかった

1については、11月の中頃からシンスプリント に苦しんでいましたが、ようやく完治に近い状態にまで戻ってきました。この間治療にも行きましたが、早期治療で受けに行ったつもりでも、ここまで長引くとは思いませんでした。いやはや恐ろしいものです。今週は左の股関節の可動が良くないと思われる日があったので、そのあたりは気をつけようと思います。やはり、右・左と交互に不調や故障を発するのは、左右のバランスが悪いことや庇って走ってしまうところにあるのだろうと思います。シーズンが終わったら、一度ランニングフォームの診断を受けに行くことも検討してみたいところです。

2については、スケジュールの都合致し方ない部分はありますが、走りこみたい時期にロングができていないのは反省です。今週末は比較的余裕があるので、良い具合に走りたいものです。

さ、3月にサブ80を。サブエガを。

【週報】原則に立ち返ってみる 練習記録 (210208〜210214)

f:id:Stinger:20210214215652j:plain

今週は脹脛の疲労があり,強度を少し弱めました

 

先週の練習では、100km以上を週間で走ったのですが、その影響か両脚の脹脛の張りが週前半は残る形となりました。

今週の練習

2/8 (月) 

安定の休足。体幹トレのみ。

特に左脚の脹脛に強い張りがあり、これは故障のサインかもと思い、無理のない程度で翌日も動こうと思うように。

2/9 (火)

ギア:asics GT-2000 9

前日に引き続き、左に張りが残った状態で、動きが重かったので、軽いジョグに留めました。

2/10 (水)

ギア:HOKA ONEONE EVO Carbon Rocket

お誘いを受けての練習でした。4'00が目標設定とのことでしたが、明らかに設定よりも速く、引くに引けない状態になりました。左の脹脛の張りが残っている状態であったため、無理はしませんでしたが、37分切れそうな感覚はありました。気持ち良いペースでここで調子にのらなかったのは良かったと思います。Carbon RocketはHOKA ONEONEのシューズにしては、薄底を履いているような反発感があります。一方、ソールが固めなので、耐久性に優れていそうな感じがします。手持ちのRocket Xの練習用には十分なり得るシューズだと感じました。

2/11 (木)

ギア:NIKE React Infinity Run

脹脛の張りが取れないというよりも、前日のポイント練習で張りが強くなっている感じがしました。よってゆっくりと様子を見ながらのjogでした。絶対無理しない、のペースで気持ちよくjogをしました。

2/12 (金)

休足しました。脹脛の張りが依然として残っていたこと、また朝からの仕事、残業、およびZoomで研究関係のミーティングがあったこともあり、なしで良かったです。最後のミーティングが終わったときはクッタクタでした。体幹すらサボりました。。。

2/13 (土)

ギア:NIKE Pegasus Turbo 2

疲労感が強かったのは、前日の影響であることは書くまでもなく。またこの日は気温が15℃あったので、W-Upの段階で汗ばんでいました。先週は1mile(1.6km)×6をこなせていただけに悔しかったですが、1kmちょっと(エラーの分)+1.6km×3 ≒ 6km Tペースで練習できたので、それで良かったと思うことにしました(心拍的にはIペースの心拍ですが...)。脹脛の張りは十分に消失していたので、一安心でした。

2/14 (日)

ギア:adidas adizero Pro

元々は、30km走る予定でしたが、走り切れなかった時に、辛いなと思ったので、最低限の20km以上のペース走(設定:4'30/km)で走りました。この日も気温が高く、終盤は発汗が多めでした。実際、心拍も170overと先週と比較して調子が良くないことがはっきりとわかりました。しかしながら、時計を見ずに安定したペースで走れたこと、グルグルの周回でも心折れずに走れたことは収穫でした!

全体の内省

  1. 身体から発するシグナルに耳を傾けながら、練習を調整することができていた
  2. 全体的には先週に比べると低調な練習
  3. 悪いなりに最低限の練習はできた

1. については、「張り」は故障につながる可能性があるため、無理をせずに今週は2回のレストを入れました。

故障に関する考え方については、下記の山田翔太選手のnoteが有益かと思います。

note.com

水曜日の練習は想定外の強度になりましたが...そこで調子に乗らなかったのは良かったです。

 

2.については、先週がポイント2回(Iペースのインターバル、Tペースのインターバル)+セット練習の30km走が良い具合にハマったので、物足りない結果となりました。以前も100km走った週の翌週は低調な練習になってしまっていたので、このあたりの練習計画は今後の課題になるかと思います。一つパターンとして、betterな練習ができるよう、工夫をしてみたいところです。

3.については、日曜の練習で「良い時もあれば、悪い時もある」と書いているのですが、これはダニエルズ(2016)が書いていたことを思い出して書いたまでです。ダニエルズは、ランニングの基本原則として以下10個のことを書いています。

  1. 選手はそれぞれ固有の能力を持っている
  2. ポジティブなことに目を向ける
  3. よいときもあれば、悪いときもある
  4. 予想外のことに備えトレーニングには柔軟性をもたせる
  5. 中期目標を設定する
  6. レーニングにやりがいを
  7. 良質の食事と睡眠をとる
  8. 病気にかかっているとき、ケガをしているときはトレーニングをしない
  9. 慢性的に身体の不調があったら医師の診察を受ける
  10. うまく走れた、いいレースができた、というとき、それは決してまぐれではない 

ジャック・ダニエルズ (2016)『ダニエルズのランニングフォーミュラ 第3版』(pp. 17-18)

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

 

より具体的な記述が本書には書かれていますが、この原則を読むだけで、概要は掴めるかと思います。

今回は練習でうまくいかないところもありましたが、いつも良い練習ができる方がおかしいので、ダメだったことを認めて切り替えて、次に進んでいきたいと思います。

あと、3月末のフルマラソンまで6週間! 

前の週の淀川マラソンが中止になってしまい、大会開催が危うくなってきた感じもしますが...今はできることを実行するのみです。